“足が速い!”

それは、多くの子どもたちが憧れる運動能力の一つでもあり、どのスポーツにおいても必要となる能力ではないでしょうか?

しかし実際は、

・速く走れるのは遺伝だから…

・うちの子は運動神経が低いから…

と足が速くなることを諦めてはいませんか?

全ての子どもたち、保護者の方に知っておいてもらいたい。

足の速さは遺伝ではなく、誰しもが伸ばせる能力だということを!

さあ、あき星と一緒に「走る力」を伸ばしていきましょう!

ランニングとスプリントの違いを理解する

走るのが速くなりたいのであれば!

ランニングスプリントという2種類の走り方を知っておく必要があります。

簡単に説明すると…

・ランニング⇒長い距離を走ること

・スプリント⇒短い距離を全力で走ること

多くの子どもたちは、”ランニング”を駆使しながら、速く走ろうとしているのが現実です。

では、ランニングとスプリントの大きな違いは何か?

それは、接地時間です!

トップスプリンターの接地時間は約0.1秒!?

接地時間とは、走行時に足が地面に着いて離れるまでの時間のことです。

足が速い人はこの接地時間が非常に短く、トップスプリンターと呼ばれる人たちの接地時間は「約0.1秒」だとされています!

接地時間が長くなってしまうと、足が後ろに残ってしまうため、重心が低くなり自身にブレーキをかけながら走るという悪循環に陥ってしまいます…

速く走りたいのであれば、出来る限り接地時間を短くすることが重要となるのです!

接地時間を短くするためには”反発”を利用すべし!

足が後方に流れるということは、地面からの反発を利用できていない証拠…

反発を利用すためには、地面をしっかりと捉え、地面から返ってくる力を身体全体で受けとめて、その力を前に進む力へと変えていきましょう!

下の図のように、地面に加える衝撃、つまり踏み込む力が強い程、地面から返ってくる反発は強くなり、前へ進む力は大きくなるのです。

また、反発力はしっかりとトレーニングすることで、自分の意思で生み出すことが出来るものです。

“目指せ!スプリンター” 反発力を生みだすために必要な2つのトレーニングをご紹介します♪

足を速くするための!反発力トレーニング

今コラムでは、2つの反発力トレーニングをご紹介しますが、どのトレーニングも公園や家で行える簡単なトレーニングです!

1日1回を目標に今日から実践してみましょう♪

➀HERO’S POSITION

“HERO’S POSITION”は、反発力を利用するためのトレーニングでもあり、スプリンターになる上での重要なトレーニングです。

これを欠かしては、その他のステップに進めないと言っても過言ではありません!

「走る」という動作は、両足が地面に接することがなく、常に片足動作の連続なのです。

動画内のポイントを一つずつ押さえながら、HERO’S POSITIONを獲得していこう!

➁ワンレッグホッピング

HERO’S POSITIONが獲得出来たなら!

SECONDステップ、ワンレッグホッピングにTRYしていこう!

ワンレッグホッピングは、HERO’S POSITIONをより走る動作に近づけたトレーニングです。

着地した瞬間に膝が曲がったり、上半身がフラフラしてしまうと真っすぐ走ることを始め、反発力を上手く受けることが出来なくなります…

姿勢を意識しながら、しっかりと反発力を受けて進みましょう♪

さいごに

今コラムでは、速く走るために反発力を利用することの必要性とそのトレーニングについてお伝えさせていただきました。

速く走る「個性・能力」は、いつからでも獲得していけると私は思っております!

あき星では、子ども運動指導士でもあり、マスターズ陸上の選手でもあるヒロ先生が、評価と分析から導き出した結果を元に、子どもたち一人一人に寄り添ったアドバイスとメニューをご提供しております。

「⾜が速くなりたい!」そのお悩みヒロ先⽣が全⼒でサポートします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。