膝の痛みに腫れがともなう場合、ただの関節痛ではない可能性があります。

例えば関節リウマチや半月板の損傷、変形性の膝関節症などもそのひとつです。また、血液や水がたまった場合にも膝が痛みを伴って腫れ上がります。

放置しても自然と治らないものもあるため、膝のどの部分がどのように痛むのかをきちんと理解した上で症状例と照らし合わせてみましょう。

このような症状は あき星にお任せください

  • ひざの辛い痛み

  • ひざの可動域の制限

  • ひざ周辺の腫れ

膝の腫れの原因とは?

膝の腫れの原因とは?

  1. 1関節が炎症を起こしている
  2. 2膝に血や水がたまっている
  3. 3半月板の損傷
  4. 4軟骨や半月板の劣化

腫れを伴う膝の痛みにも、さまざまな原因と症状があります。

まずはアイシングと温めを繰り返し、しっかりとケアをしてください。内容によってはトレーニングやもみほぐしなどで解消できるものもあります。

逆に、解消できないものは場合によって病院での処置も必要です。

幅広い知識を持つあき星なら、さまざまな角度から改善の提案が可能ですので、ぜひご相談ください。

膝の腫れへのアプローチ

あき星では、膝の腫れの原因を多角的に捉え、該当部はもちろん原因となっている部位にアプローチし、根本的な改善を目指します。

柔軟性が低く硬い身体、背中やお尻の筋肉の緊張によるもの、骨盤・股関節の歪み、生活習慣の乱れなど原因は人それぞれ多岐に渡るため、原因から改善までプロの目で対応していきます。

アイシングと温め

アイシングと温め

膝の腫れには、膝周辺のアイシングと温めがとても効果的です。アイシングと温めを繰り返すことで血流が促進され、凝り固まった筋肉をほぐし、老廃物を流してくれます。また、ただアイシングと温めを行うだけではなく、身体をリラックスした状態へ導きながら処置を行なっていきます。

リンパマッサージ

リンパマッサージ

膝周辺にある血液やリンパの流れが停滞することで、膝の腫れを引き起こすこともあります。あき星では、膝や足の血管やリンパ管の流れをマッサージで促していきます。一人一人の症状を細かく分析し、原因となる血管へ的確にアプローチしていきます。

体幹トレーニング

体幹トレーニング

体の中核を担う腹回りの筋肉が低下していると、足に余計な負担がかかってしまい、膝の炎症、腫れのような疾患を引き起こしてしまいます。腹や背中の体幹を鍛えるコアトレーニングと、お尻周りの筋肉を鍛えることで、身体の中心で体重を支えることができ、膝への負担を減らしていきます。

コアトレーニング

コアトレーニング

深刻な猫背は、膝の腫れの大きな原因になります。猫背で体が曲がってしまうと、同時に膝も曲がり負担がかかってしまうことで痛みが発生します。背中や胸周辺のインナーマッスルトレーニングを行い、猫背の改善から膝の腫れ解消を目指します。

生活習慣の改善

生活習慣の改善

自分の乱れた生活習慣、自覚がある方が多いのではないでしょうか?仕事をすることが生活の中心となっている日本では、残業や過労により、生活習慣が乱れている人が本当に多くいらっしゃいます。食の欧米化により、メタボや肥満に悩む方が急増しているのも深刻な問題です。身体の異変の根本には生活習慣の乱れが必ず存在するため、あき星では家庭でできるセルフチェックや食生活の改善、リラックスの仕方など、個人でできることも一緒になって取り組み、意識改革もサポートしていきます。

ご予約はこちらから

ご予約、お問い合わせ、無料相談など、お気軽にお電話ください。

TEL.080-5669-8924

平日9:00〜19:00

(定休日:日・祝)

トレーニング&コンディショニング

トレーニング&コンディショニング

トレーニング&コンディショニングは、トレーニングとコンディショニングをMIXしたあき星オリジナルメソッドです。

本当の健康を手に入れるには、トレーニングとコンディショニングの両方が重要です。不具合の起こっている身体でトレーニングをしても、最大限の効果は望めませんし、ただ身体を鍛えただけでは、痛みや疾患は取り除くことができません。

トレーニング&コンディショニングは、トレーニングとコンディショニングの両側面から問題を抽出し、身体を整え、鍛えることで本当の健康を目指すあき星ならではのサービスです。

身体チェック

身体チェック

身体に発生している不具合の問題を理学療法士・スポーツトレーナー・姿勢診断士などの観点から多角的に抽出し、解決策を分かりやすく提案します。

「問診」「姿勢と歩行の評価」「体力評価」「柔軟性の評価」「足底の評価」「呼吸の評価」など、さまざまな評価データをもとに問題点を抽出し、心身に合ったトレーニングと整体を完全オーダーメイドで作成します。

整体やトレーニングを行う前に、まずは自分の身体の状態を見える化し、客観的に知ることが大切です。